求人広告代理店ブレイブ

就活の解禁繰り下げ、未だ手探り | 求人広告代理店 東京都内~全国対応 | ブレイブ

03-5207-6061 メールでのお問い合わせ

就活の解禁繰り下げ、未だ手探り

2014/12/3

DODA_FB

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 就職活動(就活)の「解禁」が、今の大学3年生から「12月」ではなく「3月」に繰り下げられ、

企業も学生も手探りの活動が続いている。文部科学省などの企業への調査では9割以上がこの変更に従う意向を示した。

しかし、「できるだけ早く学生に接触したい」と3年生の秋や冬にインターンシップ(就業体験)を実施する企業も多く、

「新・就活元年」を巡る状況は混沌(こんとん)としている。

 「インターンシップを実施しなかった企業が『今年は開くので学生に周知を』と言ってくる」と、

東京都内の私立大の就活担当者は言う。

「繰り下げ」の影響で、企業側は学生との早めの接触を望んでいるとみられる。

 就職情報サイト「マイナビ」の三上隆次編集長によると、秋や冬に3年生向けの就業体験を開く企業が増え、

人気企業には学生が殺到するため書類選考や面接で「選抜」するという。別の就職支援会社の担当者も

「事実上の1次選考になっているケースもある」と明かす。

 10月中旬、都内で開かれた「マイナビ」主催の「インターンシップフェア」には、1日で35社がブースを設け、

約1300人の学生が集まった。参加企業は自社の仕事を説明し「ぜひ体験に応募を」とPR。

千葉県に住む私立大3年の女子学生(21)は「大学の説明会で『就業体験はぜひ参加するように』と言われた。

4年生の体験が参考にならないから不安だ」と話す。

 「繰り下げ」の狙いは学業優先や留学推奨だが、学生の受け止め方は微妙だ。

中部地方の国立大3年の男子学生は「秋、冬の平日に体験を実施する企業もある。

留学などで新しい就活の流れに乗り遅れたくない」と焦りをみせる。

 法政大キャリアセンターでは、秋以降の就活講座の参加数が前年より少ない。

担当の大山賢一課長は「学生が学業を優先しているのか、『選考開始』が8月に繰り下げられたから

『まだ大丈夫』と考えているのか分からない」としている。

 夏から開始されるインターンシップで、就活がより長期化するという見方もある。

 文科省などが全国の国公私立大学、短大、高等専門学校計1198校を対象にした調査(回答率85%)では、

約6割が繰り下げに伴ってインターンシップの強化・充実を実施または予定していたが、

早稲田大の佐々木裕康キャリアセンター長は「企業も大学も目先のことだけ考えて動けば『繰り下げ』にした

理念が崩れてしまう」と懸念する。

                                 (12月2日 毎日新聞より)


新着情報一覧へ戻る

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

    関連記事が見つかりません
03-5207-6061 お問い合わせフォームはこちら

求人 ブレイブで検索

取り扱い求人媒体

アルバイト・パート募集
  • バイトル
  • マッハバイト
  • マイナビバイト
  • LINEバイト
  • ガクバアルバイト
  • クリエイト
  • 仕事情報アイデム
中途・新卒社員募集
  • DODA
  • マイナビ転職
  • 日経転職版
  • Re 就活
  • 女の転職 @Type
  • @Type
その他の取り扱い求人媒体
  • JOBアイデム
  • マイナビ新卒
  • ケイサーチ
  • シフトワークス
  • 求人ジャーナル
  • Workin
  • POWER WORK
  • イーキャリア
  • YOLO バイト
  • 体入ドットコム
  • ユメックス
  • CheerCareer
転職フェア DODA転職フェア その他の事業

オンライン面接システム

オンライン会議システム

テレワーク・WEB説明会

ホームページ制作

求人広告代理店 募集(個人・法人)

採用情報

社員ブログ

旧ブログはこちら

お問い合わせ・お申し込み

お問い合わせ